前のページに戻る

6/25(火)・27(木)甲佐中生徒が竜野保育園で触れ合い学習を体験

更新日:2019年7月8日

園児たちとの触れ合いで保育を学ぶ

 令和元年6月25日(火)・27日(木)竜野保育園で、甲佐中学校の3年生76人がふれあい学習を体験しました。

ふれあい保育


 同学習は、平成7年度から同中(服部起明校長241人)の家庭科の授業の一環として、同園(吉本征一郎園長)と連携して毎年実施。同中の生徒たちが園児とのふれあいを通して幼児の心身の特徴を学び、保育への関心を高めることを目的に取り組んでいます。
 かつて同園に子どもを預けていた女性教諭が、同中の野球部監督だった吉本園長に「生徒たちが命の尊さを知る場を設けられないか」と相談したことがきっかけで始まった同学習も、今年で25年目。
 生徒たちは、園児に絵本の読み聞かせをしたり遊び相手になったりすることで、自他を大切にする心を養うことができるとともに、園児たちも生徒たちとの触れ合いを毎年楽しんでいます。吉本園長は「この取り組みは、いずれ親となる生徒たちが保育について関心を持ってもらう良い機会となっており、今後も継続していきたい」と話しました。
 同園の卒園生という宇都優太さん(3年・下横田区)は「自分が園児の時のことは覚えていないですが、子どもたちはかわいいですね」と久しぶりの同園を懐かしみながら園児との交流を楽しみました。


(写真は、竜野保育園で園児に絵本の読み聞かせをする甲佐中学校の生徒たち)


お問い合わせ

甲佐町教育委員会 学校教育課 学校教育係
電話番号:096-234-0102この記事に関するお問い合わせ


前のページに戻る