前のページに戻る

むし歯と糖尿病の話〜総合保健福祉センター「あゆみだより」(平成30年6月)

更新日:2018年6月1日

「おやつ=お菓子」は、間違い

 甲佐町の1歳6か月児健診、3歳児健診、12歳児のむし歯有病率は、熊本県平均よりも悪いという現状です。1歳6か月児では人口を調整した熊本県平均でみると80人中2人がむし歯、甲佐町は80人中5人がむし歯と判断されています。熊本県の14町村では、むし歯が0人という現状。まずは1歳6か月児健診までに「1本目のむし歯を作らない」という大人の意識改革が必要です。

 1歳6か月児ですでに、アイス・あめ・チョコ・ジュース・乳酸飲料・菓子パンなど甘いお菓子を食べているという生活がむし歯の原因。

 おやつ=甘いお菓子ではなく、おやつ=栄養を補う「補食」です。子どもは食が細いので、3回の食事では食べきれない、必要な栄養をおやつで補う必要があります。

 成長期である高校生までは、おやつ=「補食」という考えが必要です。

 現在、甲佐町では各保育園・各小中学校と連携したむし歯予防対策にも取り組んでいます。

むし歯と糖尿病の関係性

 甲佐町国民健康保険の方は健診・医療・介護のデータを分析すると糖尿病のコントロール状態が悪く、その結果糖尿病に掛かる費用が一番高くなります。人工透析や要介護状態に至る原因も糖尿病からが多いという現状です。

 病気の体質は遺伝します。食生活が変わらない限り一連の流れをとめることはできません。子どものころからの生活習慣が「むし歯」、「糖尿病」の進行を左右します。

 また糖尿病は全身血管病なので、血管が集まっている歯茎にも「歯周病」として合併し、そして歯を失うリスクが高いです。

 子どものころの「むし歯」から、大人で「糖尿病」を発症するケースもあり得ます。

上益城郡歯科医師会 無料歯科健診のお知らせ

 6月4日〜9日の歯と口の健康週間に合わせて、会員各上益城郡内歯科医院において歯科健診を無料で受けることができます。

 日頃、歯科健診を定期的に受診されていない方や糖尿病がある方は、この機会に受診し、お口の状態を確認しましょう。

実施期間 
 6月4日(月)〜9日(土)
お問い合わせ先

 会員各上益城郡内歯科医院にお尋ねください。

 (会員各町内歯科医院)

  • 清村歯科医院        電話番号:096-234-3773
  • さとう歯科クリニック    電話番号:096-235-1118
  • りんご歯科なるせ      電話番号:096-234-0012

 


お問い合わせ

甲佐町役場 総合保健福祉センター 総合保健福祉センター係
電話番号:096-235-8711この記事に関するお問い合わせ


前のページに戻る

おすすめコンテンツ

  • 町長室
  • 甲佐町議会
  • 甲佐町公式フェイスブック
  • 甲佐町公式インスタグラム
  • 甲佐町古民家改修プロジェクト
  • 広報こうさ
  • ふるさと納税
  • 甲佐町防災マップ
  • 甲佐町進出企業
  • 甲佐町空き家バンク
  • 住民提案募集
  • ご意見・ご提案

その他のメニュー

甲佐町の人口情報

[令和元年10月31日現在]

  • 総数 10,599人
  • 男性 5,049人
  • 女性 5,550人
  • 世帯数 4,286世帯