前のページに戻る

健康づくりの話〜総合保健福祉センター「あゆみだより」(平成31年1月)

更新日:2019年1月1日

健康づくりの話

県内1位!皆さん健康づくりへの取り組みが評価されました

 平成28年度から、皆さんの健康づくりに対する取り組みを国が評価した結果に応じて、町へ交付金が交付されています。平成28年度は熊本県内45市町村で11位という上位の評価によって、国の予算150億円のうち約177万円、また、平成29年度には順位の公表はありませんでしたが、約342万円の交付を受けています。

  今年度の取り組みと平成29年度の取り組み効果による平成30年度の評価は、県内で第1位となりました。特定健診の受診率が少しずつ伸びてきたことや、生活習慣病予防に取組む方が増えてきたことなどが評価され、この順位となっています。平成30年度は国の予算が1000億円に増えた中、具体的な交付金の額は未定ですが、交付金の額が増える分、皆さんが負担する国民健康保険税の上昇を抑えることができます。

 生活習慣病を予防し良好な健康状態を保つことで、町が負担する国民健康保険と介護保険の保険給付費の上昇を抑えることができます。健康づくりに対する交付金の額を増やしていくために、ますます皆さんの協力が必要です。

今年度の特定健診受診率目標達成まであと「150人」

 国が目標としている国保の特定健診受診率は、60%です。甲佐町の健診受診率は毎年伸び続けており、平成29年度の受診率は46.2%となりました。平成35年度までに国の目標60%達成に向けて、町ではまず今年度の特定健診受診率目標を50%と計画しています。そのためには、あと「150人」の受診が必要です。健診受診率が伸びていくことで、交付金の増額につながります。

 町では今年度9月から、国保の40〜74歳の方を対象とした、指定医療機関での特定健診事業を始めました。普段のかかりつけ医で、定期受診に合わせて特定健診を受けていただけます。定期受診時の血液検査を特定健診の検査に代えて、簡単に受診していただくことができます。

 体格検査・血圧測定に加え、脂質異常症・糖尿病・肝臓病・腎臓病のリスクが分かる血液検査と尿検査をかかりつけ医で調べてもらえます。全額では約7,800円の負担になりますが、1,300円の個人負担で検査が受けられます。

 指定医療機関での特定健診受診の際には、町から対象者へ9月に送付しています、ピンク色の「特定健診受診券」が必要です。

平成30年度特定健診受診券について

対象者

今年度40歳〜74歳の甲佐町国民健康保険被保険者で、節目健診や7月・8月に町の集団健診を受診されていない方。

有効期限

平成30年9月18日〜平成31年1月31日

個人負担金

1,300円

検査内容

体格検査(身長・体重・腹囲・BMI)、血圧測定、血液検査(血中脂質検査・血糖検査・肝機能検査・腎機能検査)、尿検査、医師の診察など

注意事項
  1. 特定健診を受診される際は、事前にいずれかの指定医療機関へご予約をお願いします。
  2. 特定健診を受診される際は、受診券と国民健康保険証を医療機関窓口へ提出してください。
  3. 特定健診は、記載の有効期間内に受診してください。また、有効期間内であっても、国保の被保         険者資格がなくなった際は、使用できませんのでご注意ください。
  4. 健診結果は、甲佐町へ情報提供されます。結果に応じて保健指導等に活用しますのでご了承ください。

指定医療機関
  • 甲佐町 荒瀬病院、谷田病院、小屋迫医院
  • 御船町 牟田医院、榊田泌尿器科外科医院、たかぞえ内科循環器内科クリニック、藤岡医院
  • 嘉島町 よしむら内科・循環器科、山地外科胃腸科医院、大串内科、たなか内科眼眼科
  • 美里町 くまもと温石病院、たのうえ胃腸科クリニック、石井クリニック

※詳しくは、町総合保健福祉センターや町住民生活課保険係へお尋ねください。 

 


お問い合わせ

甲佐町役場 総合保健福祉センター 総合保健福祉センター係
電話番号:096-235-8711この記事に関するお問い合わせ


前のページに戻る

おすすめコンテンツ

  • 町長室
  • 甲佐町議会
  • 甲佐町公式フェイスブック
  • 甲佐町公式インスタグラム
  • 甲佐町古民家改修プロジェクト
  • 広報こうさ
  • ふるさと納税
  • 甲佐町防災マップ
  • 甲佐町進出企業
  • 甲佐町空き家バンク
  • 住民提案募集
  • ご意見・ご提案

その他のメニュー

甲佐町の人口情報

[令和元年10月31日現在]

  • 総数 10,599人
  • 男性 5,049人
  • 女性 5,550人
  • 世帯数 4,286世帯