前のページに戻る

【人権】ハラスメントのない安心・安全な職場に〜パワハラを起こさない環境づくりを〜

更新日:2021年2月25日

ハラスメントのない安心・安全な職場に〜パワハラを起こさない環境づくりを〜   No.2

○パワハラの種類について

 大きく分けて6類型に分類されます。これらは、同じ職場で働く者に対して、職務上の地位や人間関係などの職場内での優位性を背景に、業務の適正な範囲を超えて、精神的・身体的苦痛を与える、または職場環境を悪化させる行為です。

  • 精神的な攻撃:脅迫・名誉棄損・侮辱・ひどい暴言
  • 身体的な攻撃:暴行・傷害
  • 人間関係からの切り離し:隔離・仲間外し・無視
  • 個の侵害:私的なことに過度に立ち入ること
  • 過大な要求:業務上明らかに不要なことや遂行不可能なことの強制、仕事の妨害 
  • 過小な要求:業務上の合理性なく、能力や経験とかけ離れた程度の低い仕事を命じることや仕事を与えないこと

パワハラにならない指導のポイントとは?】  

〔簑蠅箸覆覿饌療な行動や内容に焦点を絞る

 指導の対象とするのは、その人が発した言葉や行動に限ります。 

△匹里茲Δ鵬善すべきか伝える

 具体的に、しかも一貫性をもって伝えてください。

人格や性格、キャリアを否定しない

 人格や性格は批判、否定されない領域です。

感情的にならない

 怒鳴ったりせず、冷静に対応するようにしてください。 

 

熊本県人権情報誌    「 コッコロ通信」 vol・45より

 

お問い合わせ

甲佐町教育委員会 社会教育課 社会教育係
電話番号:096-234-2447この記事に関するお問い合わせ


前のページに戻る