前のページに戻る

令和2年国勢調査はじまります

更新日:2020年7月27日

国勢調査は未来をつくる最も重要な統計調査です

 国勢調査は、大正9年(1920年)の第1回調査以来、国の最も基本的で重要な統計調査として実施しており、令和2年(2020年)に100年の節目を迎えます。

国勢調査100年記念ロゴマーク


 今回の調査では、「男女の別」「配偶者の有無」「就業状態」「従業地又は通学地」などのほか、「世帯員の数」「世帯の種類」「住居の種類」「住宅の建て方」の世帯に関する調査が行われます。
 調査結果は、選挙区の決定や過疎地域の認定、地方交付金の算定など多くの法令で使用が規定されており、少子化対策や防災対策、生活環境の整備などの政策立案の基礎資料として欠かせないもので
す。このほか、社会学や経済学などの学術研究はもちろん、企業などによる製品・サービスの需要予測やコンビニエンスストアなどの立地計画などにも活用されており、私たちの社会や暮らしを支える重要な情報基盤となっています。

 

国勢調査の概要

 国勢調査は5年に1度実施される大切な調査です。

調査期日

 10月1日現在

回答期間
  • インターネット回答期間
     9月14日(月)〜10月7日(水)
  • 調査票(紙)での回答期間
     10月1日(木)〜10月7日(水)
調査の対象

 10月1日現在、日本国内にふだん住んでいるすべての人(外国人を含む)および世帯
※統計法では、正確な統計を作成するために、調査に回答する義務(報告義務)が定められています

調査の流れ

 9月14日(月)から調査員がお宅を訪問し、調査書類を配布します。

新型コロナウイルス感染症対策

 調査票を介した物理的接触を避けるため、インターネットでの回答を強くお願いします 。


追加情報

この記事には外部リンクが含まれています。


お問い合わせ

甲佐町役場 企画課 企画政策係
電話番号:096-234-1115この記事に関するお問い合わせ


前のページに戻る