前のページに戻る

国指定天然記念物「麻生原のキンモクセイ」の開花情報

更新日:2021年10月22日

国指定天然記念物「麻生原のキンモクセイ」の開花情報

国指定天然記念物「麻生原(あそうばる)のキンモクセイ」の開花情報について、随時更新いたします。

ぜひご来場いただき、大きさ日本一と言われる「麻生原のキンモクセイ」を、ご観覧ください。

麻生原のキンモクセイの開花状況

令和3年10月22日(金)現在の開花状況は「つぼみが開き始め」の状態です。

開花状況については随時更新を行います。

R3.10.22キンモクセイ(遠景)R3.10.22キンモクセイ(近景)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

※令和3年10月22日撮影 

国指定天然記念物「麻生原のキンモクセイ」とは

昭和9年12月に国指定天然記念物となった「麻生原のキンモクセイ」。
麻生原居屋敷観音の境内にある大樹の大きさは、日本一と言われています。
樹高18m、目通りの周り約3m、 地上から4mのところで三支幹に分かれ、枝張りは東北に9m、 西方と南方に8m、北方は11mに達しています。
秋の彼岸の時期に黄色の花が2回咲き、その芳香が緑川の対岸にまで漂い、多くの見物客を集めます。

 

キンモクセイ開花時期に伴う「麻生原キンモクセイ保存会」による接待について

毎年、国指定天然記念物「麻生原のキンモクセイ」の開花に伴い、地元の皆さんで結成された「麻生原きんもくせい保存会」によるのお茶や郷土料理の接待が行われています。

令和3年度の接待は、新型コロナウイルス感染拡大防止のため「中止」となりました。

なお、来場し観覧していただくことは可能です。

※ご観覧の際は、他のお客様とは一定の距離を保つなど、感染予防にご協力をお願いします。

場所

麻生原キンモクセイ敷地内「休憩舎」

  
麻生原のキンモクセイの写真

馬頭観音境内にある「麻生原のキンモクセイ」(正式には「ウスギモクセイ」)

 



「麻生原のキンモクセイ」の花 の写真「麻生原のキンモクセイ」の花

 



「麻生原キンモクセイ保存会」の方による接待の様子「麻生原きんもくせい保存会」による接待の様子

 



 


お問い合わせ

甲佐町役場 地域振興課 商工観光係
電話番号:096-234-1154この記事に関するお問い合わせ


前のページに戻る

おすすめコンテンツ

  • 町長室
  • 甲佐町議会
  • 甲佐町公式フェイスブック
  • 甲佐町公式インスタグラム
  • 甲佐町古民家改修プロジェクト
  • 広報こうさ
  • ふるさと納税
  • 甲佐町防災マップ
  • 甲佐町進出企業
  • 甲佐町空き家バンク
  • 熊本甲佐総合運動公園
  • 住民提案募集
  • ご意見・ご提案

その他のメニュー

甲佐町の人口情報

[令和3年9月30日現在]

  • 総数 10,361人
  • 男性 4,971人
  • 女性 5,390人
  • 世帯数 4,373世帯