前のページに戻る

後期高齢者医療制度の被保険者の皆さんへ

更新日:2022年7月1日

被保険者証の更新や保険料、歯科口腔(こうくう)健診などについてお知らせします

令和4年度は保険証を2回交付します

 令和4年10月1日から後期高齢者医療保険の病院等での窓口負担割合の見直しにより、2割負担が新設されることに伴い、令和4年度は保険証を2回交付します。
 ※現在お持ちの「後期高齢者医療被保険者証」(黄色)の有効期限は、7月31日(日)です。

新しい保険証に記載してある窓口負担割合は、令和4年度の住民税の課税所得を基に判定しています。

【1回目】

 8月1日(月)から使用できる1回目の新しい保険証(オレンジ色)は、7月中に簡易書留にて郵送します。
 有効期間は「令和4年8月1日から令和4年9月30日まで」となっています。
 現在お持ちの保険証(黄色)は、8月1日(月)以降に処分していただくか、または町住民生活課まで返却してください。

負担割合


【2回目】

 2回目の新しい保険証(薄青色)は、9月中に簡易書留等で郵送します。
 有効期間は「令和4年10月1日から令和5年7月31日まで」です。

※令和4年10月からの病院等での窓口負担割合は、以下の表のとおり判定されます。
負担割合判定


※詳しくは7月上旬にリーフレットを送付予定です。併せてそちらをご確認ください。 
※保険証の裏面には、臓器提供に関する意思表示ができるようになっています。意思表示をする際は、ボールペンで必要事項を記入してください。個人情報保護のためのシールは、町住民生活課に用意しています。

 現在お持ちの「限度額適用・標準負担額減額認定証」(黄色)も、7月31日(日)が有効期限です。

 8月1日(月)以降も引き続き該当する人には、保険証に同封してお送りします。

 

入院・外来時の自己負担限度額および入院時の食事代
負担割合負担区分外来(個人単位)

外来+入院

(世帯単位)

入院時の食事代

(1食当たり)

「減額証」「限度証」

発行の有無

3割

現役並み所得者

(住民税課税所得690万円以上の人)

 

252,600円+(総医療費-842,000円)×1%

<4回目以降140,100円>(※1) 

460円

指定難病患者の方などは460円の場合もあります
 

発行なし

申請不要

現役並み所得者

(住民税課税所得380万円以上の人)

167,400円+(総医療費-558,000円)×1%

<4回目以降93,000円>(※1) 

発行あり

申請が必要

現役並み所得者

(住民税課税所得145万円以上の人)

80,100円+(総医療費-267,000円)×1% 

<4回目以降44,400円>(※1) 

発行あり

申請が必要

2割

 

一般

(令和4年10月から適用)

18,000円

(年間上限14.4万円)

または{6,000円+(医療費-30,000円)×10%}の低い方を適用

57,600円

<4回目以降44,400円>

(※1) 

発行なし

申請不要 

一般

18,000円

(年間上限14.4万円)

1割

低所得者

(※2)

8,000円24,600円

過去12カ月で90日までの入院 210円

発行あり

申請が必要

過去12カ月で91日目から入院 160円

低所得者

(※3)

8,000円15,000円100円

発行あり

申請が必要

◎入院時の食事代について、療養病床に入院する場合は金額が異なりますので、入院時に医療機関にお尋ねください。

(※1)過去12カ月以内に外来+入院の限度額を超えた支給が4回以上あった場合、4回目以降は<>内の金額となります。

(※2)区分兇箸蓮∪ぢ咾料完が住民税非課税の人(区分軌奮)。

(※3)区分気箸蓮∪ぢ咾料完が住民税非課税かつ、世帯全員の所得が0円の人。(年金の所得控除額を80万円、給与所得がある場合は給与所得金額から10万円を控除して計算)。

(※4)過去12カ月以内の入院日数が90日を超えた場合は、長期入院の申請により食事代が160円になります。

 

令和4年度の保険料額が決まります

保険料額について

 令和4年度の保険料は、前年の所得を基に、4月1日時点の世帯構成により賦課されます。

 均等割額(54,000円)と所得割額(基礎控除後の所得額の10.26%)を合計した金額で、年額66万円が上限額です。

保険料が軽減される場合があります

 所得の低い人については、保険料の均等割額が軽減される場合があります。

 均等割額の軽減については、世帯(被保険者と世帯主)の総所得金額等の合計額で計算します(下表参照)。

 また、後期高齢者医療制度加入の前日まで会社の健康保険など(国民健康保険・国民健康保険組合は除く)の被扶養者だった人は、資格取得後2年間は均等割額が5割軽減され、所得割額はかかりません。

 

均等割額軽減

対象者の所得要件

(世帯主および世帯の被保険者全員の軽減判定所得の合計額)

均等割の軽減割合

軽減後の均等割額 

43万円+10万円×(給与・年金所得者の数-1)以下

7割 16,200円

43万円+28万5千円×世帯の被保険者数+10万円×(給与・年金所得者の数-1)以下

5割 27,000円
43万円+52万円×世帯の被保険者数+10万円×(給与・年金所得者の数-1)以下2割 43,200円

※「給与・年金所得者の数」とは、給与収入が55万円超または年金収入が110万円超(65歳以上の場合。65歳未満の場合は年金収入が60万円超)の人の合計人数です。

※軽減判定は、当該年度の4月1日(新たに制度の対象になった人は資格取得時)における世帯状況により行います。

※均等割額の軽減判定についての総所得金額等は、専従者控除や譲渡所得特別控除の適用前になります。また、年金所得については、高齢者特別控除(15万円)を控除した額で判定します。

保険料額決定通知書を送付します

 7月中旬に、被保険者の皆さんに「令和4年度後期高齢者医療保険料額決定通知書」を送付します。保険料やその計算方法、徴収方法などを記載していますのでご確認ください。

 決定通知書でお知らせした保険料の徴収は、7月から始まります。

 徴収方法は個人によって異なりますが、特別徴収(年金からの差し引き)または、普通徴収(納付書での支払いか口座振替)のどちらかです。決定通知書に徴収方法を記載しておりますので、期日までの納付をお願いします。

口座振替にすることで納付が簡単になります

 口座振替にすることで、納付書を持参して金融機関に出向く手間が省けます。納め忘れもなくなりますので是非ご利用ください。申込書は、金融機関に設置しております。

 

歯科口腔(こうくう)健診を受診しましょう

 今年度も、後期高齢者医療制度加入者の「歯科口腔(こうくう)健診」を実施します。

 身体の健康と同様に、口の中の健康を保つことはとても大切です。保たれていないと、虫歯や歯周病にかかるだけでなく、口腔機能が低下して糖尿病や心臓病など全身の病気にかかりやすくなり、要介護状態になってしまう恐れがあります。

 特に高齢になると、むせたり、のどにつかえたりすることが多くなり、口の中の細菌などが肺に入って、肺炎を起こすこともあります。

 毎年1回の「歯科口腔(こうくう)健診」で、歯と口の健康を保ちましょう。

対象者

 後期高齢者医療制度の加入者

 ※老人ホームの入所者や長期間(6カ月以上)病院に入院されている人、同様の事業で歯科健診を受診された人は対象になりません。

 ※7月中に案内文と受診券を配布します。

実施期間

 令和4年8月1日(月)〜令和4年12月31日(土)

実施機関

 町が契約している歯科医院

 ※歯科医院の詳細や受診方法などは、配布する案内文に記載します。

自己負担額

 400円

検査項目

 問診、歯・入れ歯の状況、かみ合わせ、口腔内の状況、飲み込む機能など

受診方法
  1. 配布する案内文で詳細を確認してください。
  2. 受診する歯科医院に予約をしてください。
  3. 受診券と保険証を持って受診してください。

お問い合わせ

甲佐町役場 住民生活課 保険係
電話番号:096-234-1113この記事に関するお問い合わせ


前のページに戻る

おすすめコンテンツ

  • 町長室
  • 甲佐町議会
  • 甲佐町公式フェイスブック
  • 甲佐町公式インスタグラム
  • 甲佐町古民家改修プロジェクト
  • 広報こうさ
  • ふるさと納税
  • 甲佐町防災マップ
  • 甲佐町進出企業
  • 甲佐町空き家バンク
  • 熊本甲佐総合運動公園
  • 住民提案募集
  • ご意見・ご提案

その他のメニュー

甲佐町の人口情報

[令和4年12月31日現在]

  • 総数 10,272人
  • 男性 4,930人
  • 女性 5,342人
  • 世帯数 4,436世帯