前のページに戻る

戸建て木造住宅耐震改修等事業について

更新日:2021年4月6日

甲佐町戸建て木造住宅耐震改修等事業

目的

 町では、甲佐町に所在する戸建木造住宅の耐震性向上の耐震改修などの工事等について支援を行っております。耐震化をより進めるために、耐震設計と合わせて耐震改修工事または建替えを一括して行う場合で一定の要件を満たすものについて、補助率を高めた補助を始めました。

対象

次に掲げる要件をすべて満たす住宅

  • 町内に存在する戸建木造住宅で、現に住宅所有者の居住の用に供されているもの
  • 在来軸組工法、枠組壁工法または伝統的工法によって建築された地上階数が3以下のもの
  • 昭和56年5月31日以前に着工したもの、または平成28年熊本地震により被災したことが確認できるもの
  • 過去に同一事業への補助金の交付を受けたことがないもの

対象者

  • 住宅の所有者
  • 税金等に滞納がない者

補助事業

 

耐震改修設計・耐震改修工事一括
対象 耐震診断の結果、倒壊の危険性があると判断されたもの
補助率125万円以下(補助対象工事費80%以内)
125万円超 (補助対象工事費×24%+70万円以内)
       ※補助限度額130万円 

 

建替え(設計・工事一括)工事費補助
対象 ・被災者生活再建支援金の支給対象でないもの
・耐震診断の結果、倒壊の危険性があると判断されたもの
補助費125万円以下(補助対象工事費80%以内)
125万円超 (補助対象工事費×24%+70万円以内)

        ※補助限度額130万円

 

耐震改修設計費補助
補助率 補助対象事業費の3分の2 (補助上限額20万円)

 

耐震改修工事
対象 耐震診断の結果、倒壊の危険性があると判断されたもの
補助率200万円以下(補助対象事業費50%以内)
200万円超 (補助対象事業費×11.5%+77万円以内)
       ※補助限度額118万1千円 

 

建替え工事費補助
対象 ・被災者生活再建支援金の支給対象でないもの
・耐震診断の結果、倒壊の危険性があると判断されたもの
補助費 200万円以下(補助対象事業費50%以内)
200万円超261万円未満(補助対象事業費×23%+54万円以内)
261万円以上(補助対象事業費×11.5%+84万円以内)
        ※補助限度額125万1千円

 

耐震シェルター工事費補助
対象昭和56年6月1日以降に着工したものについては次に該当するもの
1、平成28年熊本地震で「全壊」「大規模半壊」と認定されたもの
2、耐震診断の結果、倒壊の危険性があると判断されたもの
補助費2分の1以内(補助限度額20万円)

 

 

申し込み期限

 令和3年12月17日(金) 午後5時まで

※土・日曜日および祝日は除きます。

 

税制の優遇措置および耐震改修証明書の発行について

 一定の要件を満たす住宅の耐震改修工事を行った方は、税制の優遇措置が受けられます。  

  • 所得税の特別控除  

 平成26年4月1日以降の工事の場合、耐震改修工事の標準的な費用の額から町が補助した金額を差し引いた金額の10%(上限25万円)

 

  • 固定資産税の減額措置

 1戸当たり50万円以上の耐震改修を行った場合、120平方メートル相当分を上限として2分の1減額、原則工事完了後3ヶ月以内に申告が必要です。

 詳しくは、国税庁ホームページ「耐震改修工事をした場合(住宅耐震改修特別控除)」(外部リンク)をご覧ください。  

※優遇措置を受けるためには、耐震改修証明書が必要となります。

 甲佐町の戸建て木造住宅耐震改修等事業補助金を受け耐震改修工事を行ったものは、甲佐町が耐震改修証明書を発行することができます。

詳しくは建設課住宅係にお問い合わせください。 


追加情報

この記事には外部リンクが含まれています。


お問い合わせ

甲佐町役場 建設課 住宅係
電話番号:096-234-1183この記事に関するお問い合わせ


前のページに戻る

おすすめコンテンツ

  • 町長室
  • 甲佐町議会
  • 甲佐町公式フェイスブック
  • 甲佐町公式インスタグラム
  • 甲佐町古民家改修プロジェクト
  • 広報こうさ
  • ふるさと納税
  • 甲佐町防災マップ
  • 甲佐町進出企業
  • 甲佐町空き家バンク
  • 住民提案募集
  • ご意見・ご提案

その他のメニュー

甲佐町の人口情報

[令和3年2月28日現在]

  • 総数 10,419人
  • 男性 4,992人
  • 女性 5,427人
  • 世帯数 4,532世帯