前のページに戻る

【人権】同和問題(部落差別)について

更新日:2021年9月10日

同和問題(部落差別)に関して、現在どのような差別が起きていますか?

 令和2年(2020)年6月に法務省が公表した「部落差別の実態に係る調査結果報告書」によると、「部落差別の被害又は加害経験があるか。(親族・知人を含む)」という問いに対し、回答者の17.5%が「ある」と答えています。また、「その様な経験があった方はどのような場面、事例であったか。」という問いに対し、「部落差別の被害又は加害経験がある」と回答した728人のうち、58%の人が「結婚や交際に関する場面」と答えるなど、結婚や交際の場面において、差別意識が最も顕著に現れるという結果となっています。

  • 結婚の際に出身地等を理由に反対される
  • 就職の際に採用選考で不適切な質問をされる
  • 不動産売買等における「土地差別」
  • インターネット等で差別表現や差別情報が流される

 こうした差別が起きる背景には、現在もなお、同和問題(部落差別)にかかわる偏見や差別意識が人々の心に根強く存在していることがあります。

日常生活の中で「人権感覚」を磨きましょう

 私たちは、血筋、家柄、迷信等にこだわるなど、不合理な考えで、判断したりしてしまうことがあります。日々の生活の中で、正しく理解をしようとせず、噂や憶測で思い込んでいることはないでしょうか。

 差別や偏見をなくすためには、正しく理解・認識するとともに、自分自身で考え、行動していく態度を養うことが必要です。また、身の周りで偏見や差別にあったとき、周りの人たちと皆で考え、行動していく勇気と努力が必要です。

人権研修テキスト・同和問題(部落問題)編より抜粋


お問い合わせ

甲佐町教育委員会 社会教育課 社会教育係
電話番号:096-234-2447この記事に関するお問い合わせ


前のページに戻る

おすすめコンテンツ

  • 町長室
  • 甲佐町議会
  • 甲佐町公式フェイスブック
  • 甲佐町公式インスタグラム
  • 甲佐町古民家改修プロジェクト
  • 広報こうさ
  • ふるさと納税
  • 甲佐町防災マップ
  • 甲佐町進出企業
  • 甲佐町空き家バンク
  • 住民提案募集
  • ご意見・ご提案

その他のメニュー

甲佐町の人口情報

[令和3年8月31日現在]

  • 総数 10,365人
  • 男性 4,974人
  • 女性 5,391人
  • 世帯数 4,371世帯